一般社団法人日本インターンシップ支援協会のブログを閲覧頂きまして、ありがとうございます。

このページでは、外国人インターンシップや技能実習生などの人材関連のニュースやインバウンド関連のニュースを記事を更新していきます。

 岐阜県内の介護の現場に外国人の力を役立てようと、中部学院大(関市)は県内の介護施設や海外の日本語学校と連携して、留学生を受け入れる事業を始めた。大学と事業者、現地の教育機関の三者がスクラムを組む例は、全国でも珍しいという。県も支援しており、十日には大学と介護施設の関係者が県庁を訪れ、古田肇知事に現況を報告した。

ベトナムとミャンマー、中国の日本語学校の生徒から、中部学院大と連携する県内の四つの施設が、面接や試験で留学生を選考。来日後は大学で日本語の習得と、介護福祉士の資格取得を目指してもらう。連携施設は留学生に、住居の提供や学費などの給付、貸し付けをする。

昨秋から年末にかけて初めて選考を行い、今年四月に十八~三十四歳の十三人が来日した。施設でアルバイトをしながら、勉学に励んでいる。卒業後に連携施設で五年間働けば、貸付金の返済は不要となる。

十日は、大学の片桐多恵子副学長と、連携する四施設の代表らが県庁を訪問。片桐副学長は「技術だけでなく、声の掛け方など日本式の介護を学んでもらう。目標を持った学生ばかりで、教員らも授業がやりやすいと話している」と説明。

古田知事は「介護施設が留学前から関わることで、卒業後も仕事が長続きするのでは。成功するよう応援していきたい」と話した。

◆県内、25年に7000人不足の見込み
県内の介護現場の人手不足は深刻だ。厚生労働省と県の調査によると、二〇一五年の県内の介護職員は二万八千七百十人で、必要とされる数より約千二百人少なかった。二五年には、七千人余りが不足する見込みとなっている。

県は今年四月、介護職の志望者と就職先とをマッチングさせる「県福祉人材総合支援センター」を岐阜市内に設置。学生向けの副読本やポータルサイトによる情報提供、高齢者の移送や排せつなどを補助する「介護ロボット」の導入促進などに取り組むが、少子高齢化の流れに追いつくのは簡単ではない。

県高齢福祉課は「今回の中部学院大などの取り組みが軌道に乗り、他の多くの学校や施設に広がってほしい」と期待する。

(引用元 中日新聞 2018年5月11日 )

一般社団法人日本インターンシップ支援協会とは

当協会では、労働法や税金関係などの法律を遵守し、将来のある海外の学生たち(中国・韓国・台湾・タイ・ベトナム・モンゴルなど)を支援しています。

また日本につきましては、昨今の人材不足に悩まれる企業に向けて、将来の人材確保に繋がるようにお役にたてればと、活動しています。

海外から日本へインターンシップを考えている大学や送り出し機関、日本で外国人インターンシップ生の受け入れを考えている企業は、お気軽に当協会までご相談下さい。