一般社団法人日本インターンシップ支援協会のブログを閲覧頂きまして、ありがとうございます。

このページでは、外国人インターンシップや技能実習生などの人材関連のニュースやインバウンド関連のニュースを記事を更新していきます。

沖縄労働局(待鳥浩二局長)は8日、沖縄県内外国人労働者数(2017年10月時点)が前年同月比1339人(22.4%)増の7310人となり、過去最高を更新したと発表した。最も多かったのがネパール人で1981人(27.1%)、次いでフィリピン人986人(13.5%)、香港人を含む中国人955人(13.1%)と続いた。外国人労働者を雇用している事業所数は1445カ所あった。

在留資格別では留学生の労働者が一番多く2436人、次いで専門的・技術的分野での労働者が1840人、技能実習生が926人だった。産業別では、その他を除いて一番多いのが宿泊業・飲食サービス業で1198人、次いで卸売業・小売業1018人、建設業609人と続いた。

毎年10月時点の外国人労働者数は14年3388人、15年4898人、16年5971人となり、毎年増加。そのうちネパール人労働者は14年561人、15年1464人、16年1610人と毎年増加しており、15年には前年に最も多かった中国人を抜いて最多となった。

(引用元 2018年2月9日 琉球新報)

一般社団法人日本インターンシップ支援協会とは

当協会では、労働法や税金関係などの法律を遵守し、将来のある海外の学生たち(中国・韓国・台湾・タイ・ベトナム・モンゴルなど)を支援しています。

また日本につきましては、昨今の人材不足に悩まれる企業に向けて、将来の人材確保に繋がるようにお役にたてればと、活動しています。

海外から日本へインターンシップを考えている大学や送り出し機関、日本で外国人インターンシップ生の受け入れを考えている企業は、お気軽に当協会までご相談下さい。