一般社団法人日本インターンシップ支援協会のブログを閲覧頂きまして、ありがとうございます。

このページでは、当協会が支援している海外からの学生やインターンシップ受け入れをしている日本企業との活動報告をしています。

2018年3月1日~4日 ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント ボランティア

主催:ダイキン工業株式会社 / 琉球放送株式会社
後援:沖縄県ゴルフ事業連絡協議会 / 沖縄タイムス社
協力:琉球ゴルフ倶楽部
開催地:琉球ゴルフ倶楽部(沖縄県)

2018年3月1日~4日は、沖縄県の琉球ゴルフ倶楽部にて開催されました【2018】ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメントに
当協会が支援している学生たちがボランティアスタッフとして参加させていただきました。
ボランティアスタッフとして参加するのは今年で3回目になります。

参加学生 総勢64名 (ベトナム38名 中国25名 韓国1名)

  
今回ボランティアで担当させていただいたのは、ホールマーシャルとスコアボードと飛距離を測る役でした。
ホールマーシャルとは、指定された場所でギャラリーの整理をする役割で、選手がプレーをする際に周囲のお客さんに静かにしてもらうように促すことを行いました。

スコアボードは、支給された電子機器に最新の選手のスコア状況がでるので、そのスコアをボードに随時入れ替えていく役割でした。

日本人の他のボランティアスタッフとも日本語で会話をしながらコミュニケーションをとっていました。

 

昼食時やボランティア終了後などは、日本人の人たちとも会話を楽しむ姿もたくさん見られました。

ボランティアに参加した人には、オリジナルのキャップとパーカー、Tシャツが渡されましたが、そのセットに参加した学生たちも喜んでいました。

4日間の内3日目は、あいにくの大雨でトーナメントは開催されませんでしたが、ボランティアスタッフだけが参加できる懇親会が開催されました。

 

ボランティアに参加した学生の感想文

 日本に来てからもう8カ月経て来ました。会社で研修することだけではなくて、いろんなボランティアに参加してくれて、沖縄での生活を体験しています。最近、3月2日に沖縄県南城市 琉球ゴルフ倶楽部ダイキンオーキッドレディースゴルフトーナメント」というイベントにボランティアに参加しました。朝5時45分にインターンシップ協会の人はアパートに迎えに来ました。ゴルフ場でボランティアンが大勢集まっていた。おばあさん,おじいさんたちから若い者はみんなが朝早くから来ました。朝ごはんも準備されて、美味しかったです。試合が始めるまえに私達がたくさん小さいチームに分かれていました。各チームは自分の仕事を担当しました。私のチームは5人で、選手がゴルフボールを打つ時、距離を測るという仕事をしました。

最初の時はちょっと困ったことがありました。今度のボランティアに初めてゴルフ場に来て、以前はゴルフをやたことがもとより、ゴルフ試合も見たことがないので、リーダーの説明は早すぎて、わかりにくいと思いました。しかし、チームの日本人と台湾の友達から詳しく教えてくれました。それに、仕事をやて見た後で、みんなさんと一緒にできました。

午後2時半ぐらい試合が終わりました。あの日はとても暑かったので、疲れましたが、楽しかったです。初めてゴルフ場に来て、大きな試合を見えました。そして、新しい友達出会えて、楽しかった。毎回ボランティアに参加して、いろんなことを経験するできました。帰国したら、いい記憶になると思います。本当にありがとうございます!
(ベトナム人)

 3月1日に琉球ゴルフ倶楽部でボランティアとしてダイキンオーキッドレディースゴルフトーナメントを参加した。朝5時45分に担当者がアパートに車で迎えに来た。あのゴルフ場が遠いから車で45分ぐらい眠った。着いてからバスでゴルフ場の中に移動した。そのゴルフ場はとても大きくて景色がきれいだ。見た時 素敵に感じた。ずっと 仕事するから あまり外に行かない。休みの日さえどこにも行かなくて寝てばかりだ。皆が 集めて ボランティアの制服をもらってから準備しておいた弁当とお茶の朝御飯を食べた。着替えて 仕事を分担する所に移動してミーティングした。ゴルフに関するルールが全然分からないから ミーティングの時 担当者が何を言ったか あまり分からなかった。チームを分けられて ブイ・ゴックと前田くんとの3人のチームに入った。ゴルフに関するルールがよく分かっていて熱心な前田くんから詳しく説明してもらった。ボードにゴルフ試合のスコアを付く仕事をした。前田くんは19歳で大阪で法律に関する専門を勉強しているって言った。ゴルフのクラッブを参加している人だからあの仕事がよく分かっているって言った。前田くんは優しくてかわいいから 楽しかった。大阪での生活について話した。

晴れたのにすごい風があるから 寒かった。ゴルフのプレイ中で静かにすることが要るからプレイ中で試合を見た。昼すぎに試合がどんどん来るから休憩しないで3人が交替でザンケンポンして昼御飯を食べた。食べた後でお腹がいっぱいから眠たかった。4時にボランテイア活動が終わった。皆で一人ずつインタビュして写真を撮った。
久しぶりにボランティアに参加して楽しくても ずっと出勤したから少し疲れた。いつも手伝ってくれて 本当にありがとうございます。インターンシップ協会から機会をもらって ありがとうございます。
(ベトナム人)

3月1日、ボランティアに参加しました。その日、私たちは夜明け前に起きました。とても眠いから、車で一時間ぐらい寝て、またバスに乗って、ゴルフ場に着きました。スタッフは私たちに服と帽子を配って、仕事の内容を説明してくれて、椅子と看板を配りました。私の仕事はゴルフ選手がプレー中に、看板を挙げて、観客に静かにするように注意することです。午前中に多くのカメラマンが来て、たくさんの観客が応援していました。どの选手もすごいと思って、高校生も试合に出て、とても感心しました。観客はスーツを着ている人が多いので、その试合は重要だろうと思いました。観客が多すぎて、私のところでは選手のボールが見えなくて残念でした。でも、心の中で選手たちを応援していました。

お昼にはスタッフが私たちに昼ご飯を送ってくれて、私は早く终わると思っていたので、食べませんでした。結局、4時に終わって、もうお腹がすいていました。友達は少しだけお腹がすいたから、二人で同じ分の弁当を食べました。その時、竹石さんはおかしい目で私たちを見て、笑いました。

その日、手が日焼けして、とても疲れましたが、とても楽しかったです。たくさん勉强になりました。次回のボランティアに期待しています。

一般社団法人日本インターンシップ支援協会とは

当協会では、労働法や税金関係などの法律を遵守し、将来のある海外の学生たち(中国・韓国・台湾・タイ・ベトナム・モンゴルなど)を支援しています。

また日本につきましては、昨今の人材不足に悩まれる企業に向けて、将来の人材確保に繋がるようにお役にたてればと、活動しています。

海外から日本へインターンシップを考えている大学や送り出し機関、日本で外国人インターンシップ生の受け入れを考えている企業は、お気軽に当協会までご相談下さい。