【ニュース】「外国人雇用状況」の届出状況まとめ(平成29年10月末現在)

【ニュース】「外国人雇用状況」の届出状況まとめ(平成29年10月末現在)
一般社団法人日本インターンシップ支援協会のブログを閲覧頂きまして、ありがとうございます。 このページでは、外国人についてやインバウンドについてなど様々なコラム記事を更新していきます。 厚生労働省が平成30年1月26日に 「外国人雇用状況」の届出状況まとめ(平成29年10月末現在) を発表しました。 届出の対象は、事業主に雇用される外国人労働者( 特別永住者、在留資格「外交」・「公用」の者を除く。) であり、数値は平成29年10月末時点で事業主から提出のあった届出件数を集計したものです。 外国人労働者の状況 労働者全体の状況について ・ 外国人労働者数は1,278,670人。前年同期比で194,901人(18.0%)増加し、過去最高を更新した。 【増加した要因】 ・ 政府が推進している高度外国人材や留学生の受入れが進んでいること ・ 雇用情勢の改善が着実に進み、「永住者」や「日本人の配偶者」等の身分に基づく在留資格の方々の就労が増えていること ・ 技能実習制度の活用が進