一般社団法人日本インターンシップ支援協会のブログを閲覧頂きまして、ありがとうございます。

このページでは、当協会が支援している海外からの学生が参加したイベントやボランティアの感想文を一部ご紹介します。

つるし飾り体験・河津桜見学

ベトナム人インターンシップ生①

 最初、私たちは一緒につるし飾りを勉強した。私たちの先生はつるしを作ることがとても上手な人だ。その日は桃の形を勉強して、自分で作った。桃の形は最も簡単な形だと言われるが、私にとって、そのことは本当に難しい。先生はわかりやすく説明したのに、私は頑張ったが、まだ出来なかったと思う。先生は私に二つの小さくて可愛い人形をくれた。そのプレゼントが大好きだ。

吊るし飾りを作った後、私たちは中国のレストランで食べた。料理はとても美味しかった。一緒に食べたり、喋ったことは嬉しかった。それは珍しいチャンスだと思っている。

最後、花見した。日本で一番最初に咲く桜、河津桜だと思う。それははじめての日本で桜祭りに参加した。私は桜の道が見られることを期待した。さすが日本の桜は私を失望させない。とても綺麗だった。思い出のために、たくさん写真と動画を取った。このように、私にとって、それは忘れられない体験だと思っている。

  

ベトナム人インターンシップ生②

私たちはつるし飾リを学びました.つるし飾りというのは桃や猿形などの飾りを作ることです.それは,静岡県の伝統的な活動である.最初のとき,作ることはちょっと難しかったが,入念な指導を受けたからどんどんなていた.みんなと一緒に楽しい時間がありました.

2月22日の昼間,私たちは中華のレストランでラメンと焼肉ご飯を食べて,美味しかったです.そうしたら,河津へ桜を見に行きました.そこでは,今桜が満点にさいて,ほんとにきれいだった.天気が良かったから,花見のため来る人がいっぱいでした.河津には花見ことがあるだけでなく,安く美味しい食べ物もたくさん売られた. (たこ焼きとか桜のまんじゅうとか)花見途中でお腹が空いたら問題がありません.そこで売られた木の種類も多くて,にぎやかでした.川の両側にみんなさんは座って食事を楽しみながら桜を眺めて, とても美しい光景でした.

この時間のおかげで,静岡県の文化をもっとわかって,嬉しです.可能であれば,このようなプログラムをもっと参加したいです.今度のチャンスをもらえて,感謝しました .今から,自分の仕事を一掃件目にがんばります.

   

一般社団法人日本インターンシップ支援協会とは

当協会では、労働法や税金関係などの法律を遵守し、将来のある海外の学生たち(中国・韓国・台湾・タイ・ベトナム・モンゴルなど)を支援しています。

また日本につきましては、昨今の人材不足に悩まれる企業に向けて、将来の人材確保に繋がるようにお役にたてればと、活動しています。

海外から日本へインターンシップを考えている大学や送り出し機関、日本で外国人インターンシップ生の受け入れを考えている企業は、お気軽に当協会までご相談下さい。