一般社団法人日本インターンシップ支援協会のブログを閲覧頂きまして、ありがとうございます。

このページでは、当協会が支援している海外からの学生が参加したイベントやボランティアの感想文を一部ご紹介します。

オリオンビール工場見学

ベトナム人インターンシップ生感想文

2 月 25 日, 私たちは名護市でオリオンビール工場へ参加に行きました。オリオンハッピーパークはオリオンビールの製造販売拠点であり, オリオンビール株式会社に帰属であり, 沖縄の誇りでもある。ビール製造工程を見てまわったり, ビールを試飲したりできました。こちらは, 原材料の選択, 粉体の承認から瓶詰めまで, ビール製造のすべての段階を訪れることができます。正面玄関では, 工場の初期の設立で使用された大規模な醸造所を観察することが可能です。

特に, 訪問した後, 訪問者はオリオンビールを試飲することができます。これはビール爱好家のための理想的な拠点です。観察者に対しなまビールを一杯無理サービスする。とっても 美味しかったです。

オリオンビールは有名なビールブランドです。多くの人が愛し信頼しています。ビールを飲む前に,人々は一緒にカップをあげます,それから, カリーと読みます。ビールを飲むことができない観察者は, お茶やレモンティーなどのほか の飲み物を飲むことができます。さらに、施設内にはオリオン ビールブランドに関する製品を販売する店があります, オリオ ンビールの歴史と生産段階を展示するギャラリーがあります。 この体験を通して,さまざまなことを学びました。私はオリオ ンビールの歴史に関する知識を少しわかりました。忙しいー日 の終わりには, 私はビールが一番の選択と思います。

インターシップ支援協会のおかげで, とっても素晴らしい体験をすることができました。本当にありがとうございました。

 

ベトナム人インターンシップ生感想文②

2月25日にインターンシップの支援協会のおかけでオリオンビール工場見学が参加できました!午後1時にインターンシップ協会員のスタッフと私たち9名と一緒にオリオンビール工場に行ってきました!

工場の門には記念に写真を撮りました!入るとすぐに目の前に受付が見えて、左側には明るく広いロビーがあります!工場見学に参加する人々はオリオンビールのバッジがもらえて見えるところに付けされました! オリオンビールの案内者のおかけで皆容易に見学できました!昔々 「まちやぐぁ」というオリオンビール店を再現させて、 オリオンビールの歴史展示を展開します!

「昔にベトナムの喫茶店見たいね」となつかしく思う気持が持っています。次にビールの材料は麦とホップを目に見えて、手で触れました。コンベアを高速で流れる缶ビールを見下ろせるスペースがあります。ここに缶に包むビール方法が詳しく紹介されるので 見てわかりやすいでした。30分後見学工程が終わったら試飲時間でした。

けんがくしゃがほんとにたのしみだった、私はビールが飲めないんですからちょっと興味がないけれど ビールだけではないレモンティとかアルコールが不使用ビールとか水とかもあった。

普段的に日本人にとって飲むときに「かんぱい」という言葉を一斉に言うけど、沖縄人にとって「カンリ」という言葉を言いました。面白いでした!
今回の見学を通してビールの作り方をよく分かりました。1日に楽しく過ごせてもらいました!

 

一般社団法人日本インターンシップ支援協会とは

当協会では、労働法や税金関係などの法律を遵守し、将来のある海外の学生たち(中国・韓国・台湾・タイ・ベトナム・モンゴルなど)を支援しています。

また日本につきましては、昨今の人材不足に悩まれる企業に向けて、将来の人材確保に繋がるようにお役にたてればと、活動しています。

海外から日本へインターンシップを考えている大学や送り出し機関、日本で外国人インターンシップ生の受け入れを考えている企業は、お気軽に当協会までご相談下さい。