一般社団法人日本インターンシップ支援協会のブログを閲覧頂きまして、ありがとうございます。

このページでは、当協会が支援している海外からの学生が参加したイベントやボランティアの感想文を一部ご紹介します。

OKINAWA FOOD FLEA

ベトナム人インターンシップ生

昨日(6月1日)は沖縄フードフリーフェスティバルのボランティアで4人の女の子と一緒に参加しました。私は私のアパートの前の午後12時に拾われた。那覇までは1時間かかった。私はドンキホーテに約30分滞在できると聞いてとても興奮しました。ドンキホーテは、化粧品、薬、食べ物、飲み物がたくさん売られているところです…私は私の親戚へのプレゼントとして3組のシーサを買いました。ハングアウト旅行は14時30分に終了しました。
それから私はメインの場所 – 沖縄フードフリーフェスティバルに移動しました。
私は隅に立って飲み物を作り、それからそれらを売っていました。沖縄ビール、ハイボル、ジントニック、アーモンドコーヒーの作り方を教えられました。それは非常に新しい実験でした。私は疲れを感じませんでした、私はただ幸せを感じました。多くのDJとのコンサートもありました。私はとてもたくさんの人に会いました、彼らは皆友好的で、とても私と話をしました。
祭りは午後9時に終わりました、しかし私は午後8時に出発しなければなりません。駐車場の交通渋滞のため、午後11時以降に帰宅しました。とても眠いですが、私はまた素敵な旅をしました。

 
 

ベトナム人インターンシップ生

2019年6月2日に那覇市波の上うみそら公園でOKINAWA FOOD FLEA ボランティアに参加しました。それは飲食イベントだから私はとても興味があり、楽しみに行きました。

午後3時前に開場に着いて、思った通りに大勢の人が集まっています。周りには日本だけではなく中国やアメリカなどたくさんの他の国からもブースを作って美味しそう料理を販売していました。真ん中にはあるかっこいいDJ がEDMミュージックをプレイしていました。この音楽を聴くと高揚感を得て踊りたくなりました。インターンシップの私達は開場を見に行きながら食べ物も食べました。美味しかったです。それからボランティアがスタート!私はスタッフの飲み物を売るブースでビールを注いたりお茶やジュースなど飲料を提供したりすることで手伝っていました。初めて生ビールを入れるのはそんなに難しくないですが、綺麗で美味しそうなビ―ルを作れるのは簡単ではないと思いました。でもスタッフの方がとても優しくて親切に作業内容を教えてくれたおかげで、私が自信を持って一生懸命にやりました。また、私達は作業をしながらいろいろなことを話しました。その話の通りにスタッフの中に多くの人がベトナムへ行ってきたということをわかりました。日本人もベトナムに興味を持って旅行に来てくれてうれしかったです。しかし日本語がまだ下手な私は日本人にベトナムのことを紹介したのが少しだけです。それでもっともっと勉強しないといけないと思います。

休憩した後私はごみを分別のところに移動しました。たくさんの人が来たとともに、ゴミもいっぱいになって、そしてちゃんとごみを分けなければなりませんでした。だからそれは大事な仕事ではないかと思います。ボランティアとしてそのイベントに参加している私達もみんなと一緒に音楽に浸ってビールと美味しい食べ物を味わわれました。夕方になったら大雨が降っていたけど熱い雰囲気が全然なくならないでした。すごく楽しい時間を過ごしました。

最後に私達はスタッフと記念写真を撮ったり感謝の気持ちを伝えたりしました。いい思い出になりました!本当にありがとうございます。

 
 

一般社団法人日本インターンシップ支援協会とは

当協会では、労働法や税金関係などの法律を遵守し、将来のある海外の学生たち(中国・韓国・台湾・タイ・ベトナム・モンゴルなど)を支援しています。

また日本につきましては、昨今の人材不足に悩まれる企業に向けて、将来の人材確保に繋がるようにお役にたてればと、活動しています。

海外から日本へインターンシップを考えている大学や送り出し機関、日本で外国人インターンシップ生の受け入れを考えている企業は、お気軽に当協会までご相談下さい。