インターンシップ生帰国@ベトナムインターン生

インターンシップ生帰国@ベトナムインターン生
一般社団法人 日本インターンシップ支援協会です。2020年4月23日に沖縄県那覇市の宿泊施設で実習を終えたベトナム人インターン生1名が、ようやく帰国の途につきました。那覇市内にて1か月近くにに及ぶ、帰国フライト待ちを経ての帰国となりました。新型コロナウイルスの影響で、飛行機チケットもエンバシー(大使館)の臨時便しか現状では選択肢がありません。ただ、インターン生は日本での思い出とお土産を持って笑顔で帰国していきました。日本でのインターンシップ実習、本当におつかれさまでした。 ふるさとに帰れるので、インターン生も満面の笑みです。 那覇空港は驚くほど閑散としています。 ■成田空港~ベトナム帰国後も14日間を隔離施設で過ごす。 ベトナムに到着後は14日間の新型コロナウイルスへの隔離に入れられ、外国より帰国したみなさんとの共同生活となります。インターン生からは隔離施設の写真も送られてきており、そこまで不便な環境ではありませんとの連絡もいただきました。実際に自宅に到着するのは、半月程度あとになるとのことでした。 ...

4月の沖縄、外国人観光客が初のゼロ。国内客は90%減の7万人

4月の沖縄、外国人観光客が初のゼロ。国内客は90%減の7万人
沖縄県文化観光スポーツ部は26日、4月の入域観光客数が前年同月比90・9%(77万4100人)減の7万7300人だったと発表した。1か月の観光客が7万人台となるのは1977年9月以来の水準で、前年同月に比べて9割の落ち込みは過去最大の減少幅となった。人数は全て国内客で、外国客は復帰後初めてゼロとなった。 ■入域状況 出典:沖縄県文化観光スポーツ部 出典:沖縄県文化観光スポーツ部 ■国内客 入域状況 4月は、航空便の運休・減便に加えて、国の緊急事態宣言が行われ、全国に不要不急の旅行自粛要請が行われたこと。また、沖縄県知事からも来県自粛を呼びかけたこと等から、前年同月を大きく下回った。5月も、新型コロナウイルスの感染拡大の影響に伴う航空便の運休・減便が拡大していること等から、一層厳しい状況が予想される。 ■外国客 入域状況 4月は、新型コロナウイルス感染症の拡大の防止の観点から、台湾、中国、香港、韓国等の地域を対象に国による厳しい入国制限の措置がとられたことから、皆減となった。5月も、航空便の運休やクルー...

困難を極めたインターンシップ生帰国@中国インターン生

困難を極めたインターンシップ生帰国@中国インターン生
一般社団法人 日本インターンシップ支援協会です。2020年4月23日に沖縄県渡嘉敷島で実習を終えた中国人インターン生2名が、ようやく帰国の途につきました。那覇市内にて1か月以上に及ぶ、帰国フライト待ちの中で男子学生は5回、女子学生は4回のキャンセルを経ての帰国となりました。新型コロナウイルスの影響で、飛行機チケットもかなりの高額のプレミアムチケットになっており、中国に到着後はその地域で14日間の新型コロナウイルスへの隔離も行われます。実際に自宅に到着するのは、半月程度あとになるとのことでした。ただ、インターン生は日本での思い出とお土産を持って笑顔で帰国していきました。日本でのインターンシップ実習、本当におつかれさまでした。 ■帰国(自宅到着)までに必要な費用【合計:258,500円】 ・沖縄~羽田の飛行機チケット【16,500円】 ・東京での宿泊代 一泊【6,000円】 ・成田~瀋陽の飛行機チケット【165,000円】 ・瀋陽「新型コロナウイルス隔離」宿泊代14日間【4,000円×14日】 ・瀋陽~自...

【訪日外国人数】2020年3月訪日客数、前年同月比93%減の19万4000人。

【訪日外国人数】2020年3月訪日客数、前年同月比93%減の19万4000人。
日本政府観光局(JNTO)が4月15日に発表した2020年3月の訪日外国人数は、前年同月比93%減の19万4000人だった。2019年3月を約256万人下回り、これで6カ月連続で前年同月を下回ることになった。また、1月から3月の合計は393万9800人(前年同期51.1%減)となった。 ひと月の訪日客数が20万人を切ったのは1989年2月以来31年ぶりで、東日本大震災の起きた翌月、2011年4月(62.5%減)の下げ幅をしのぐ、1964年の統計開始以来、単月として過去最大の下げ幅となった。 ■20市場で大幅減、東アジア市場のシェアは23%に縮小 新型コロナウイルス感染症の拡大により、日本を含む多くの国で、当初はビザの無効化や入国時の検疫強化、ついで海外への渡航制限や外出禁止の措置が取られた。このため重点20市場すべてで前年同月を大きく下回る衝撃的な数字となった。 3月の市場別の伸び率で最も減少したのは、中国で98.5%減の1万400人。台湾、韓国、香港も90%台の減少で、東アジア4市場全体では97.6%...