【ニュース】「外国人雇用状況」の届出状況まとめ(平成29年10月末現在)

【ニュース】「外国人雇用状況」の届出状況まとめ(平成29年10月末現在)
一般社団法人日本インターンシップ支援協会のブログを閲覧頂きまして、ありがとうございます。 このページでは、外国人についてやインバウンドについてなど様々なコラム記事を更新していきます。 厚生労働省が平成30年1月26日に 「外国人雇用状況」の届出状況まとめ(平成29年10月末現在) を発表しました。 届出の対象は、事業主に雇用される外国人労働者( 特別永住者、在留資格「外交」・「公用」の者を除く。) であり、数値は平成29年10月末時点で事業主から提出のあった届出件数を集計したものです。 外国人労働者の状況 労働者全体の状況について ・ 外国人労働者数は1,278,670人。前年同期比で194,901人(18.0%)増加し、過去最高を更新した。 【増加した要因】 ・ 政府が推進している高度外国人材や留学生の受入れが進んでいること ・ 雇用情勢の改善が着実に進み、「永住者」や「日本人の配偶者」等の身分に基づく在留資格の方々の就労が増えていること ・ 技能実習制度の活用が進

2017年11月22日(水) 外国人インターンシップ生受入勉強会 を沖縄にて開催

2017年11月22日(水) 外国人インターンシップ生受入勉強会 を沖縄にて開催
平成29年11月22日(水)に沖縄県恩納村観光協会主催で『第一回 外国人インターンシップ生受入勉強会』が、恩納村ふれあい体験学習センターにて開催されます。   勉強会 趣旨 年々増加するインバウンド観光客の対応と致しまして、多言語対応可能なスタッフの採用など、観光関連施設より人材不足の声が多数上がっています。 その対応として、外国人インターンシップ生の活用が増えてきておりますが、残念ながら正当な手続きが取られておらず、色々な問題が起こっています。 そこで 「法律を遵守した外国人インターンシップの受入はどのようにしたらいいのか?」 「過去にどのようなトラブルがあったのか?」 「実際に今後の人材不足の解消に繋がるのか?」 という疑問を沖縄県で外国人VISAの取得を数多く行っている行政書士の先生や一般社団法人日本インターンシップ支援協会の方々に説明をしていただきます。   勉強会 詳細 日時:平成29年11月22日(水) 10:00~12

インバウンド・観光ビジネス総合展に当協会が出展しました

2017年9月21日(木)~23日(土・祝)に東京ビッグサイトにて開催されました インバウンド・観光ビジネス総合展に当協会が出展しました。 ベトナム・中国からのインターンシップ生もボランティアスタッフとして協力して頂き、 多くのお客様とコミュニケーションをとることができました。 ありがとうございます。 その時の様子は コチラをクリック してください。