~2019.5.30 グリーンバード ごみゼロクリーンアップ~

~2019.5.30 グリーンバード ごみゼロクリーンアップ~
一般社団法人日本インターンシップ支援協会のブログを閲覧頂きまして、ありがとうございます。 このページでは、当協会が支援している海外からの学生が参加したイベントやボランティアの感想文を一部ご紹介します。 グリーンバード ごみゼロクリーンアップ 中国人インターンシップ生 5月30日、私たちは那覇市内の国際通りにボランティア活動に参加しました。今回はゴミゼロクリーンアップイベントです。 初めてのナガンヌ島ビーチクリーンアップのように、ゴミを拾って分別します。しかし、場所によっては、種類によってゴミの量が異なります。街中なので人が多いのか、あまりゴミを捨てないので、タバコの吸殻が多く捨てられています。しかし、ゴミが少ないにもかかわらず、人々は道端の花壇や緑の帯にゴミを捨てしまうので、私たちの掃除が難しくなります。この二回の活動は私にとっては、ゴミを捨てないことにしました。決めてしまえず、すべては動き始める。 私に最も感動したのは、道端の人が私達の行為を見て、また私達を励ましてくれた。

技能実習に「宿泊」追加=新在留資格移行で

技能実習に「宿泊」追加=新在留資格移行で
一般社団法人日本インターンシップ支援協会のブログを閲覧頂きまして、ありがとうございます。 このページでは、外国人インターンシップや技能実習生などの人材関連のニュースやインバウンド関連のニュースを記事を更新していきます。 (政府は16日、新在留資格「特定技能1号」に移行可能な技能実習制度に宿泊業を追加することへの意見公募(パブリックコメント)を開始した。締め切りは6月14日。意見を踏まえ、7月にも関係省令を施行する。 特定技能1号の資格は技能と日本語の試験合格による取得が可能だが、約3年間の技能実習を修了すれば無試験で移行できる。ただ、宿泊業では特定技能に移行可能な技能実習制度がなかった。 政府は今年度からの5年間で、新在留資格により最大約34万5000人の受け入れを想定。宿泊では2万2000人を見込んでいる。引用元 2019年5月17日時事ドットコムニュース ) 一般社団法人日本インターンシップ支援協会とは 当協会では、労働法や税金関係などの法律を遵守し、将来のある海外の学生たち

2019.5.8~書道教室~

2019.5.8~書道教室~
一般社団法人日本インターンシップ支援協会のブログを閲覧頂きまして、ありがとうございます。 このページでは、当協会が支援している海外からの学生が参加したイベントやボランティアの感想文を一部ご紹介します。 2019.5.14~書道教室~ ベトナム人学生感想文➀ 日本についたのは2週間前で、はじめてのボランティア活動は書道体験になりました。 ベトナムに住んでいた時に、特にTet(ベトナムのお正月)になる時、書道の書いている方々を見ましたが、自分で書いたことは全然ありませんでした。ですから、この活動を楽しみにしていました。 書道授業は1時間になりました。先生方は自己紹介をしてから、本当の名前と違う名前を使わなければならないかわかって、驚きました。書道(日本の呼び方が「習字」)の規定だといわれていました。 そのあと、書道セットについて紹介して使い方を教えてくれました。 まずは日本の新しい元号「令和」の様々な書き方を勉強して、元号の意味を理解できました。「令和」の昔の書き方と現在のは異なります:昔の

2019.4.24~花見体験~

2019.4.24~花見体験~
一般社団法人日本インターンシップ支援協会のブログを閲覧頂きまして、ありがとうございます。 このページでは、当協会が支援している海外からの学生が参加したイベントやボランティアの感想文を一部ご紹介します。 2019.4.24~花見体験~ ベトナム人学生感想文➀ まず、日本における面白い体験をさせてもらったため、日本インターシップ支援協会に対し、深く感謝いたします。 今年の4月の終わりに花見体験のチャンスがようやく来て、嬉しかったです。私にとっては、日本において、春は一番綺麗な季節だと思っています。なぜかというと、天気が良く、暖かいためです。 それに、どこでも桜のピンクを覆っているので、非常にうっとりしました。多くの観光客によると、日本に来た理由は桜を見るためです。 雨のように花びらが舞い散ったことで感動しました。映画を見ることではなく、その景色を実際に見ると、嬉しかったです。 本当にありがたいと感じます。日本インターシップ支援協会に対し、深く感謝いたします。 ベトナム人学生感想文➁