【ニュース】新たな在留資格 技能実習後、5年就労可 政府、来春創設へ 労働力確保狙う

【ニュース】新たな在留資格 技能実習後、5年就労可 政府、来春創設へ 労働力確保狙う
一般社団法人日本インターンシップ支援協会のブログを閲覧頂きまして、ありがとうございます。 このページでは、外国人インターンシップや技能実習生などの人材関連のニュースやインバウンド関連のニュースを記事を更新していきます。  政府は、5年間を上限に日本国内で就労できる新たな在留資格を設ける方針を決めた。最長5年間の「技能実習」を終えた外国人や一定の技能を身につけた外国人が対象で、人手不足に悩む建設や農業、介護などの5分野での労働力確保が狙い。来年4月の導入を目指しており、今秋の臨時国会にも入管難民法改正案を提出する。 外国人労働者を巡っては2月の経済財政諮問会議で、安倍晋三首相が受け入れ拡大策を具体的に検討するよう指示していた。 技能実習は、日本の技能を海外に伝える国際貢献を目的に、開発途上国の外国人らを受け入れる制度。受け入れ職種は現在、建設や縫製、農業、介護など77種ある。海外の送り出し団体が現地で実習生を募り、日本の受け入れ団体が実習先にあっせんする仕組みだ。 新たな在留資格

途上国・地域の優秀な外国人材を募るインターンシップ事業/日本企業の国際化を支援/経済産業省「平成30年度 国際化促進インターンシップ事業」募集開始

途上国・地域の優秀な外国人材を募るインターンシップ事業/日本企業の国際化を支援/経済産業省「平成30年度 国際化促進インターンシップ事業」募集開始
一般社団法人日本インターンシップ支援協会のブログを閲覧頂きまして、ありがとうございます。 このページでは、外国人インターンシップや技能実習生などの人材関連のニュースやインバウンド関連のニュースを記事を更新していきます。 [株式会社パソナグループ] 株式会社パソナ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 COO 佐藤司、以下「パソナ」)は、独立行政法人日本貿易振興機構(本社:東京都港区、理事長 石毛博行、以下「ジェトロ」)と共同で、開発途上国・地域の外国人材を日本企業で受入れる経済産業省「平成30年度 国際化促進インターンシップ事業」を実施いたします。また、今月から受入企業および参加するインターンの募集を開始しています。 「平成30年度 国際化促進インターンシップ事業」では、開発途上国・地域から外国人材を募集し、約3ヶ月間の日本企業での就業体験を実施します。パソナは、受入企業には異文化マネジメント等について研修を行い、参加するインターンには日本でのビジネスコミュニケーション等を学

【ニュース】外国人の介護実習生、初の受け入れ 6月にも中国の2人

【ニュース】外国人の介護実習生、初の受け入れ 6月にも中国の2人
一般社団法人日本インターンシップ支援協会のブログを閲覧頂きまして、ありがとうございます。 このページでは、外国人インターンシップや技能実習生などの人材関連のニュースやインバウンド関連のニュースを記事を更新していきます。  外国人技能実習制度に昨年11月に追加された介護職種で、監督機関「外国人技能実習機構」が初めて実習生の受け入れを認定した。第1号は中国人女性2人で、手続きが順調に進めば6月にも入国する見通しだ。日本の多くの介護施設は人手不足にあえいでおり、今後、中国や東南アジア各国からの介護実習生の受け入れが加速しそうだ。 認定は5月1日付。受け入れ窓口の監理団体で1カ月間の研修を受けた後、宮崎県延岡市の「メープルウェルフェアーサービス」が運営するグループホームと、介護付き有料老人ホームで働く。現制度では来日後1年以内に、日本語能力試験N3(日常的な場面で使われる日本語をある程度理解できるレベル)に受かれば、最長5年働ける。不合格なら帰国となる。 同社の小野真介社長(39)は「将来の

【ニュース】観光担い手 確保急ぐ 温泉地の人手不足解消

【ニュース】観光担い手 確保急ぐ 温泉地の人手不足解消
一般社団法人日本インターンシップ支援協会のブログを閲覧頂きまして、ありがとうございます。 このページでは、外国人インターンシップや技能実習生などの人材関連のニュースやインバウンド関連のニュースを記事を更新していきます。  群馬県内温泉地で人手不足を解消するため、人材育成や確保、働き方を支援する動きが目立ち始めた。旅館・ホテルの垣根を越えて従業員が交流する機会を設けたり、夜間託児所を運営したりと、新たな取り組みが目立つ。 宿泊業・飲食サービス業の3年以内の早期離職率は全国的に高く、県内温泉地も同様の傾向。人手不足はビジネスチャンスを逃すだけでなく、サービスの低下を招きかねない。それは個別の旅館・ホテルの評価にとどまらず、群馬の温泉地全体の評価を下げる危険性もはらむ。 2020年春には群馬県で国内最大規模の観光企画「デスティネーションキャンペーン(DC)」が開かれ、夏には東京五輪が控える。観光客に群馬の魅力をアピールできる好機は目前で、旅館・ホテルの人手不足解消対策は待ったなし。各温泉地