当協会の役割(ミッション)

日本インターンシップ支援協会では、東南アジア諸国をはじめとする「大学」、そこに在籍する「学生(インターン生)」、インターン生を受入する「企業」の三者間で、インターンシップが円滑に推進するためのパイプ役を務めています。

三者がWIN-WINな関係でインターンシップを実施するには、「実習カリキュラム」に基づく、実習現場の指導管理、インターン生の実習生活を包含する受入体制をサポートです。これらを地道に下支えする事こそが、私たちのミッションと考えています。

そして、インターンシップを修了した学生が日本で就職する、母国で日本に関わる仕事に従事する人たちの輪を拡げる事を目指しています。

特徴(強み)

①実習外活動の充実

受入企業による実習の他に、オフタイムの実習外活動(課外活動)も日本の文化や地域親睦の異文化交流も重要な体験学習になります。 受入企業のロケーションに合わせて、独自の課外活動をサポートしています。

②実践的な「実習カリキュラム」をサポート

インターンシップの実地教育となる「実習カリキュラム」は、大学の単位認定になり重要なプログラムです。 当協会の経験を活かして、受入企業向けに現場で役立つ実践的なカリキュラム作りを側面からサポートします。

③充実したサポート

実習や課外活動には必ず記録(レポート)の管理が必要です。 インターン生の実習レポートや活動記録などは、送出し大学や入国管理局に対して、提出する資料として欠かせません。当協会ではそれらを一括してサポートしています。 また、受入企業が行うビザ申請や在留資格手続き、保険加入などの煩雑な業務も代行しています。

外国人材採用時のビザの違い

インターン生の日本語でのコミュニケーション能力

当協会では、東南アジア諸国を中心に海外の大学と提携し、インターンシップが安心・安全に推進するためのサポートを行っています。

提携大学のインターン生は、日本語学科を専攻し、日本語で実習教育を学ぶ目的で入国します。日本語スキルはN2レベル(日本語能力試験)。敢えて受入企業が日本語教育を行う必要はありませんが、彼らへ積極的に声掛けするように努めてください。
職場で必要なテクニカル用語(専門用語)は、実習教育の中で指導します。あらかじめテクニカル用語集を準備しておくと良いでしょう。

一方、技能実習生は、日本で働くために短期間で日本語を学び入国する場合が多く、N3レベルに達している人は多くはないです。インターン生の日本語スキルや高等教育を受けている基礎知識力には、歴然の差があります。

※日本語能力試験とは?
日本語能力試験(JLPT:Japanese Language Proficiency Test)は、公益財団法人日本国際教育支援協会と独立行政法人国際交流基金が主催し、日本語を母語としない人を対象に日本語能力を認定する検定試験。

当協会で支援している学生の動画(一部)

ここでは、面接した学生やインターンシップに参加しての感想動画を公開致します。

モンゴルの大学生 日本語での自己紹介動画

中国の大学生 日本語での自己紹介動画①

中国の大学生 日本語での自己紹介動画②

ベトナムの大学生 インターンシップに参加しての感想動画