訪日外国人

日本政府観光局(JNTO)が4月15日に発表した2020年3月の訪日外国人数は、前年同月比93%減の19万4000人だった。
2019年3月を約256万人下回り、これで6カ月連続で前年同月を下回ることになった。
また、1月から3月の合計は393万9800人(前年同期51.1%減)となった。

訪日外国人数

ひと月の訪日客数が20万人を切ったのは1989年2月以来31年ぶりで、東日本大震災の起きた翌月、2011年4月(62.5%減)の下げ幅をしのぐ、1964年の統計開始以来、単月として過去最大の下げ幅となった。

■20市場で大幅減、東アジア市場のシェアは23%に縮小

新型コロナウイルス感染症の拡大により、日本を含む多くの国で、当初はビザの無効化や入国時の検疫強化、ついで海外への渡航制限や外出禁止の措置が取られた。このため重点20市場すべてで前年同月を大きく下回る衝撃的な数字となった。

3月の市場別の伸び率で最も減少したのは、中国で98.5%減の1万400人。台湾、韓国、香港も90%台の減少で、東アジア4市場全体では97.6%減と、東南アジア(86.3%減)、欧米豪(82.7%減)を超える下げ幅だった。これまでは7割前後のシェアがあった東アジア4市場が占める割合は23.1%に縮小し、欧米豪が35%と地域別では最も多かった。

訪日外国人数国別

■インターンシップを取り巻く環境にも多大な影響

新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、社会・経済を取り巻く環境は一変し、事業活動や業務にも多大な影響が生じています。インターンシップの受入を行っている企業も一部を除き、休業という状況になっております。特に沖縄県は観光業がメインのためインターンシップの受入企業のほとんどが休館・休業となり、ホテル・各種店舗は閉鎖をしております。受入企業の休業などに伴い、インターンシップ生のみなさんも、自宅待機となり、実習カリキュラムの再開を待っている状況です。

休館イメージ

★一般社団法人日本インターンシップ支援協会とは★

当協会では労働法や税金関係などの法律を遵守し、日本でのインターンシップを希望している海外の大学生(中国・ベトナム・モンゴル・韓国・台湾など)を支援しております。

昨今の人材不足に悩まれる日本企業・団体に向けて、将来の人材確保や人材教育などにつなげる活動でお手伝いさせていただいております。

海外から日本へインターンシップをご希望される大学や送り出し機関、外国人インターンシップ生の受け入れをご検討されている日本企業・団体は、お気軽に当協会までご相談ください。