新型コロナウイルス

最終更新日:2020年5月15日(金)

一般社団法人 日本インターンシップ支援協会です。
新型コロナウィルスの感染拡大に伴いまして、一部のインターンシップ生の帰国などに影響がでております。
実際にインターンシップ生の在留資格延長手続きの事例がありました。
以前、ご紹介しました在留資格延長とは違った、インターンシップ延長申請がスムーズにできるようになっております。また、インターンシップの延長ですので、同じ実習場所にて滞在費用などの報酬を得られます。

※こちらはインターンシップの場合の事例です。

【事例】12ヶ月間のインターンシップ実習が終了したものの、新型コロナウイルスの影響で学生が帰国できなくなった。

インターンシップ実習が終了したものの、帰国する航空便がなく、自宅待機をしている状況になっている。

【対策】在留資格を更新(3か月)

在留資格が失効するので、入国管理局にて(インターンシップ・サマージョブ用)で3か月の更新を行った。
※コロナウイルス関連のビザは手続き翌日より3か月の延長になります。

【手続きに必要なもの】※こちらはインターンシップの場合の事例です。

①在留資格変更許可申請書

■法務省WEBからダウンロード可能

インターンシップ在留資格申請
インターンシップ在留資格申請
インターンシップ在留資格申請
インターンシップ在留資格申請
インターンシップ在留資格申請
インターンシップ在留資格申請
インターンシップ在留資格申請

②理由書※受入企業様などが提出

理由書

【場合によっては提出を求められる可能性があるもの】

①飛行機の運休状況などがわかるもの(書式自由)

実際のフライトのキャンセルメールや運航停止が分かる画像など