帰国の為のPCR検査サポート

新型コロナウイルスの影響で2020年11月8日より、日本から中国へ渡航する中国籍及び外国籍の旅客は、搭乗の2日前以内(検体採取日から起算)発行の新型コロナウイルスPCR検査陰性証明及び血清IgM抗体検査陰性証明を提示することが必要になっています。

当協会の学生さん達も対象になるので協会サポートの元、PCR検査の予約を行いました。
PCR検査を受診する病院は中国大使館の指定病院になりますので詳しくは大使館へお問い合わせください。

新型コロナウイルスの影響があり、通常とは違う対応を求められることが多々ありますが常に情報収集を行い対応してまいります。