在留資格延長申請手続きについて

在留資格延長申請手続きについて
最終更新日:2020年5月15日(金) 一般社団法人 日本インターンシップ支援協会です。 新型コロナウィルスの感染拡大に伴いまして、一部のインターンシップ生の帰国などに影響がでております。 実際にインターンシップ生の在留資格延長手続きの事例がありました。 インターンシップを除いた、延長申請に関しては手続き方法が変更になっている可能性がございます。 最寄りの入国管理局へ詳細はお問い合わせください。 ※インターンシップの場合の在留資格事例の最新情報はこちらです。 【事例】12ヶ月間のインターンシップ実習が終了したものの、新型コロナウイルスの影響で学生が帰国できなくなった。 帰国のために那覇空港から成田空港へ移動したものの、ベトナム行きの臨時便が直前にフライトキャンセルになってしまった。 【対策】在留資格を短期滞在(90日)に変更 在留資格が失効するので、入国管理局にて短期滞在のビザに変更して滞在期間を延長しました。 ※コロナウイルス関連の短期滞在ビザは手続き翌日より90日間の延長になります。 【手続きに必要な

新型コロナウイルス感染症対策について

新型コロナウイルス感染症対策について
最終更新日:2020年4月1日(水) 一般社団法人 日本インターンシップ支援協会です。 新型コロナウィルスの感染拡大に伴いまして、一部のインターン生の出入国などに影響がでております。 その様な状況のなかでもインターンシップは、参加学生、受入企業様や関係者の皆さまの健康と安全を配慮した工夫とご理解によって継続されております。 今後も新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた対策として、当協会では参加学生や受入れ企業様と共に以下のことを行っています。 ①基本的な感染症対策の徹底 内閣府や厚生労働省などの公的機関より提供されている、各種チラシなどを共有して参加学生に注意喚起を行っております。 新型コロナウイルス感染症対策の対応について(内閣官房ホームページ) ②感染症対策セミナーの実施 定期的にインターン生の寮を巡回して、具体的な対策(免疫力を高める方法・体調管理・食事・寮環境の整備)などのチェックや説明して、理解と実践をしていただくようにしております。 ③日常の健康管理や発熱等の風邪の