外国人実習生受け入れ企業

一般社団法人日本インターンシップ支援協会のブログを閲覧頂きまして、ありがとうございます。

外国人インターンシップや技能実習生などの人材関連のニュースやインバウンド関連のニュースを記事をご紹介いたします。

 新型コロナ問題が終息せぬ中、製造現場で頼りにされた外国人技能実習生が、受け入れ企業の重荷になり始めている。
緊急事態宣言中、入国直後の新規実習生が足止めを食らっているのに人件費は発生し、逆に実習期間を終えた実習生は母国の入国規制で帰国できず、雇い続けざるを得ないからだ。
国や自治体に助けを求める声も企業から上がっている。【杣谷健太】

宮崎くみあいチキンフーズ

食肉を加工する従業員=宮崎くみあいチキンフーズ提供

2014年から技能実習生を受け入れる食肉大手の「宮崎くみあいチキンフーズ」(本社・宮崎市)。
現在はベトナム人47人、インドネシア人39人が食肉加工ラインで働く。ラインは高齢化が進み、平均年齢が20代前半の実習生は貴重という。

(引用元 2020年5月23日 毎日新聞)

★一般社団法人日本インターンシップ支援協会とは★

当協会では労働法や税金関係などの法律を遵守し、日本でのインターンシップを希望している海外の大学生(中国・ベトナム・モンゴル・韓国・台湾など)を支援しております。

昨今の人材不足に悩まれる日本企業・団体に向けて、将来の人材確保や人材教育などにつなげる活動でお手伝いさせていただいております。

海外から日本へインターンシップをご希望される大学や送り出し機関、外国人インターンシップ生の受け入れをご検討されている日本企業・団体は、お気軽に当協会までご相談ください。