インターンシップ制度活用の副次メリット

将来の人材確保・人材教育・海外に通じる職場環境を整えるなら「インターンシップ制度」「特定技能」を活用!

コンプライアンス

外国人の受入れには、
基本的な外国人受け入れの知識の習得が必要です。
※企業向けセミナー受付中
(まずはお問い合わせ)

人材の継続性

インターン生の実習期間は基本6ヵ月~1年
次年度は、新インターン生受入れor就職「特定技能を含む」
特定技能資格者の採用

実習対価

実習のため、実習対価又は生活補助費が地域の最低賃金で換算して支払われる。

実習日数

日本の労働基準を基に法律を守り企業の実習シフトで行われる。

実習時間

基本は1日8時間、企業より配属部署や受入れ条件に応じて6時間~8時間と変動する。

実習割増時間

基本研修時間を超過した場合は残業代金が支払われる。

関連ページ

実習の流れ

受入企業実績・募集

協会の強み

各種協力者募集

全国・サポーター募集

  • ボランティアスタッフ

事業参加者募集

  • 地域責任者

連携企業募集

  • 送出し期間
  • インターン生紹介事業所