短期90日間「就職サポート」インターンシップ在留資格申請の手続きを開始いたしました

活動再開です。
短期90日間「就職サポート」インターンシップ在留資格申請の手続スタート!!!
2021年2月26日(金)名古屋出入国在留管理局に本日2名の在留資格申請を提出しました。
経緯としましては世界中がコロナ渦の中、海外の大学で「日本語」を専攻して勉強している学生さん達の就職支援のためのプログラムを大学と提携し作成を行いました。
日本語学科の学生を対象に短期90日間「就職支援プログラム」です。
スタートは、インドネシアの「インヴァダ外国語大学」から選抜された2名の「日本語学科」専攻の4年生(N2・N3合格者)、卒業後の日本での就職を希望する学生を対象に行いました。
募集対象者は少し狭き門ですが日本語検定N3・N2合格者、そして大学卒業後の就職を日本で考えている学生さんを対象に行いました。
日本語学科専攻の学生は他の専攻と違い、卒業までに日本語検定N2・N3合格が多くの海外の大学の単位に含まれています。
今回は、N3・N2合格者を対象に卒業前にインターンシップ生として来日して「特定技能」試験を受け合格後、日本での就職を可能にすることを目指すプログラムです。
長い説明になってしまうので今後、経緯や説明会、面接のエピソードなどご紹介させていただきます。
2名の学生さんの在留資格が1日も早く降りて、また、インターンシップ生として入国できる日までご紹介させていただきます。