帰国の為のPCR検査サポート

帰国の為のPCR検査サポート
新型コロナウイルスの影響で2020年11月8日より、日本から中国へ渡航する中国籍及び外国籍の旅客は、搭乗の2日前以内(検体採取日から起算)発行の新型コロナウイルスPCR検査陰性証明及び血清IgM抗体検査陰性証明を提示することが必要になっています。 当協会の学生さん達も対象になるので協会サポートの元、PCR検査の予約を行いました。 PCR検査を受診する病院は中国大使館の指定病院になりますので詳しくは大使館へお問い合わせください。 新型コロナウイルスの影響があり、通常とは違う対応を求められることが多々ありますが常に情報収集を行い対応してまいります。

母国でのVISA申請の際に必要な書類が新たに追加されました

母国でのVISA申請の際に必要な書類が新たに追加されました
現在、当協会では12月の受け入れに向けて、企業様と打合せを行いながら作成を進めております。 新型コロナウイルスが発生してから初めての学生さんの受け入れが年内にもスタート出来るかと思います。 当協会では、学生さんをいつでも迎え入れられるよう準備を進めているところです。日本への入国を心待ちにしている学生さんと一日でも早くお会いできる日が来ることを楽しみにしております。

モンゴルの学生が無事帰国できました

モンゴルの学生が無事帰国できました
6ヶ月もの長い間帰国することが出来なかったモンゴル人の学生さんが無事に帰国出来ることになりました。 新型コロナウイルスの影響で帰ることの出来なかった最後の学生さんになります。 モンゴル大使館から連絡があり、11月11日(水)に成田空港から臨時便が飛ぶとのことです。 当協会もこの連絡を受けて、とても安心しております。 今後も、学生さんが笑顔で無事に帰国することが出来るよう、引き続きサポートしてまいります。 ...

ベトナムや台湾などで入国制限の緩和

ベトナムや台湾などで入国制限の緩和
10月1日より入国制限の緩和が行われました。現状では新型コロナウィルスの水際対策の一環として、159の国と地域からの入国を原則として拒否していますが、外務省によるとベトナムや台湾など比較的、感染状況が落ち着いている一部の国の大使館がビザを発行した場合、ビジネス関係者を対象に往来を再開させています。 10月7日付けの報道によりますと海外出張から帰国した日本人に対する2週間の待機措置を免除する方向で調整に入っているようです。 当協会がサポートしている海外の学生さんにも、日本でインターンシップとして実習ができる日を心待ちにしている学生さんが多数おります。 コロナ禍の影響で、世界的な影響が出ているのが現状ではありますが、日本で実習を希望している学生さん達が安心して日本に入国できるよう情報収集を行い、サポートして参ります。     ...