ベトナムや台湾などで入国制限の緩和

10月1日より入国制限の緩和が行われました。現状では新型コロナウィルスの水際対策の一環として、159の国と地域からの入国を原則として拒否していますが、外務省によるとベトナムや台湾など比較的、感染状況が落ち着いている一部の国の大使館がビザを発行した場合、ビジネス関係者を対象に往来を再開させています。
10月7日付けの報道によりますと海外出張から帰国した日本人に対する2週間の待機措置を免除する方向で調整に入っているようです。
当協会がサポートしている海外の学生さんにも、日本でインターンシップとして実習ができる日を心待ちにしている学生さんが多数おります。
コロナ禍の影響で、世界的な影響が出ているのが現状ではありますが、日本で実習を希望している学生さん達が安心して日本に入国できるよう情報収集を行い、サポートして参ります。