国土交通省

国土交通省より、自動車整備分野では初となる特定技能1号の在留資格取得者が発表されました。

ですが、法務省が想定している特定技能1号の人数は、現状はまだまだ少ないというのが現実のようです。

 

法務省:特定技能在留外国人数の公表

 

国土交通省 報道資料より

我が国の深刻な人材不足に対応し、一定の専門性・技能を有し即戦力となる外国人材を 幅広く受け入れる制度「特定技能制度」が本年4月1日に開始されました。
自動車整備分野においても、特定技能外国人の受入れが可能となっており、今後、本制度の活用が見込まれているところです。

本日9月13日、出入国在留管理庁により、フィリピン人1名に対し、自動車整備分野における在留資格「特定技能1号」の在留資格が初めて許可されました。
 
<許可の概要>
・許可日:令和元年9月13日
・受入れ企業所在地:埼玉県
・許可人数:1名
・国籍:フィリピン
・技能水準を評価する試験の1つである自動車整備士技能検定試験三級に合格
・日本語能力水準を評価する試験の1つである日本語能力試験N2に合格
 
《参考》
自動車整備分野における特定技能制度の概要については以下URLを参照願います。
http://www.mlit.go.jp/jidosha/jidosha_SSW.html

(国土交通省 2019年9月13日)

 

関連ワードへのリンク:特定技能制度特定技能1号日本語能力試験N2

 

■一般社団法人 日本インターンシップ支援協会とは

当協会では、労働法や税金関係などの法律を遵守し、将来のある海外の学生たち(ベトナム・中国・モンゴル・韓国など)を支援しています。

昨今の人材不足に悩まれる企業に向けて、将来の人材確保に繋がるように活動しています。

日本へインターンシップを考えている海外の大学や送り出し機関、外国人インターンシップ生の受け入れを考えている企業は、お気軽に当協会までご相談下さい。